上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

電波女と青春男 第12話 「秒速0.00000000198センチメートル」

さて、とうとう祭りの主導権をかけた
最後の草野球が迫ってて・・・
前川さんはサプライズもあるからとか
何とか言ってるけれどソレは一体?

そして当日、
会場に行ってみると
今日はジュゴンの格好の前川さんが
たいしたことなさそうに父親が
プレッシャーに負けて逃げたとか言って・・・

まさかサプライズって・・・
コレ、か?
娘が余計な事をしたのか
それとも毎度の事なのか・・・
果たしてどっちだろうか

そしてそんなところにやってきた女女さん
まさかのエリオをピッチャーに指名して・・・
投げられるものはボールとリモコンとピザと雑巾と・・・って
そういう投げられるものって訳じゃwww

だけどまず、その投げ方でその角度に飛ぶ事が驚き
むしろノーコンよりも剛速球よりもびっくり
そしてソレに対してあえて振ってあげる優しさがwwww
絶対に突っ立ってるだけで塁に出られるのにね


一方、真くんは女女さんに言われて逃げた前原父を探すことに
逃げる場所に当たりがつけられてるところから
常習犯なのか・・・?でも
真くんが言ったほうが面白くなるって聞いたって・・・誰から!?
やっぱりこれは娘の計画的犯行ではないかwwww



そして何とか見つけて説得してつれて帰ってきて
帰ってきたらすぐにバッターに・・・
真くんもようやく諦めてたものに再び手を伸ばそうとして・・・






なんだか最終回って気がしない終わり方でしたな
実はこのあとにもう一話あるんじゃないかって気がする
てか祭りの話を出しておいて祭りがないとか
そういうのは無しだろ常考
ただ、やはり自分に対して諦めない事や信じる事
そういうものへの考えかたを描いたモノの一つ
ってことかな、コレは

電波って聞いてどんなぶっ飛んだのが来るのかと思ってたが
想像してたよりは結構まともだったな

スポンサーサイト
line
神のみぞ知るセカイ2 第12話 「サマーウォーズ」


長い駆け魂攻略のため溜まった積みゲーを
順調に攻略していく神にーさま
しかし本棚の中にあるゲームが見覚えのあるような無いような

でもよっきゅんは絵が・・・絵さえ何とかなれば
すごいことになったに違いないって
そんなゲームなんじゃないかな?

てかゲームのキャラクターの声も
なんともびみょーな棒読みっぽい感じで
なんだかな・・・

しかしハクアはハクアでなんだかんだいって
エルシィのところに(桂馬のところに)来ていたんだね
ラジオの事もあるから余計入り浸ってる気がするwww

そしてゲームをしている会社から落とし神の望みに応えた
最高のゲームを作りたいとメールが来て・・・
脳内宇宙戦争が・・・・始まる


神の理想のゲーム
それは一つであって一つではない
神は一人だが、神の中には多くの理想が詰まっていて
その数は今まで攻略してきたヒロインの数だけ・・・
その多くの“理想”は互いに同居させることは出来ず
理想の数だけ主張があり・・・そして戦争が始まる

しかし・・・その戦争を終わらせる一つの鍵が・・・
どんなに理想が多くても、ソレがお互い受け入れられなくても
全ての根源は・・・大きな一つの感情だから・・・

多くの理想は気がつく
全ては一つの感情から生まれた物である事を・・・


そして神のはじき出した結論は・・・




とうとう終わってしまった神のみぞ知るセカイ
だけどEDの映像には登場する事のなかった
数人のヒロイン達が・・・

ということはスタッフとしてはやりたいと見て
いいんだと思う
機会さえあれば・・・やってくれるであろうと
そしてその機会を作るということをするのは
観客の出来る小さな、それでも大切な仕事・・・

OVAも発売する事だしいつかまた
テレビで合えるといいな・・・
line

電波女と青春男 第11話 「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」

夏休み・・・か
夏休みは自分の中の何かをあきらめた人間には
暇すぎる時間なんだよね
“今”を一番長く感じてしまう
長いのに気がついたら終わっている
そんな時間の単位


真は昼食を求めて外に出て・・・
そこで前川さんと遭遇
昼食をご馳走する代わりとして
自宅まで自分を運んでくれと・・・

座り心地は良くないと思うのだが
それ以外は快適かな?
並みの二人乗り以上に危険だけどwww


しかしこの天然ジゴロはどうしたものか・・・
でもこれだけ多くのジゴロを見ていると
大きく二つくらいの人種に分けられるのかも?
って思ったり
何かにあきらめた人間と絶対にあきらめずに
どんなに進むのが遅くても歩を進めてく人間
大体どっちかに当てはまりそうな気がするが
気のせいか?

そして翌日はリュウシさんの試合の見学
そこには相変わらずの格好でヤシロも居て
相変わらず独自の電波設定を語ってて


でも超能力という言葉が他人を遠ざけているだけで
実際に言っている事は結構まともだったり
あきらめずに進み続ければ・・・自分や周りを信じれば
いつかその手にチカラをつかむ事ができる

ただ人の歩む速度は自分にも他人にも気がつけないほど遅く
その遅さゆえにみないつか、どこかで自分に絶望し
諦め、信じないでただ時間に流されてゆく・・・

諦めた人間が“普通”なのか
諦めない人間が“普通”なのか
ただ、多くの諦めた人間の視点で見ると
諦めずに己の価値観で生きて
そして歩み続けるその姿は・・・
もしかしたら諦めた人間からは理解され難く
電波と分類されるモノになってしまうのかも?









line
神のみぞ知るセカイ2 第11話 「いつも心に太陽を 」

神にーさまが二階堂先生のパシリをさせられているあいだ
長瀬先生は空回り状態でみんなと一緒にって
頑張ろうとするけれど
生徒達には受け入れられず・・・


そして先生は落ち込んだ気持ちを奮い立たせるため
レスリングの会場へ・・・
その先でであったのは教え子って言うか桂馬で
チケットの座席もかぶってしまい・・・

それでも二人で見ようということに
ようやく桂馬のターンだなwww
会場の雰囲気と長瀬の行動と
全てを見て神は少しずつ言葉を与えていく

その言葉に反応して・・・
さらに翌日にはとんでもない事言い出して
とうとう生徒達も限界
まぁ勝手に登録されたら不満も爆発するわ

だけど桂馬は・・・
そしてエルシィも何だか指折って数えてるし


高すぎる理想はその手に届くことは無い
でも少しでも手の届かない理想に近づけるよう努力すれば
ほんの少しでも理想に近づくことは出来る

でも現実でソレをするのはとてもつらく苦しい道
あきらめてしまうほうがその時はとてもラク
だけど理想をあきらめきれない、だけど近づくことをあきらめてる
その感情は度合いは違えど
多くの人が持っている感情なのではないか

これはその問にたいする一つの答え
神にーさまらしい答えだな

これで今期の攻略ヒロイン全員攻略したけど
次回は何をするんだろ?
line

電波女と青春男 第10話 「軒下少女」

草野球をして
変な格好の変なヤツに気に入られてしまったエリオ
真の完全にまたこんなのか・・・って感じの
対応が何だかもう面白くなってきた

でも同属を見極める能力はあるのか?
エリオをいきなり宇宙人と呼んで
追いかけて・・・
自称はまぁ置いといても他人を宇宙人と
呼ぶヤツが現れるとはね

しかし天然ジゴロってのは
最近の流行だな
全く真はすぐに好感度を上げてるし
そんな簡単に好感度上がるギャルゲーは
売れないんじゃないのか?


そして夜の天体観測時に
縁の下から変な物体が迫ってきて・・・
・・・おかしいな?うちの記憶ではそこは
軒下とは言わなかったような・・・?そっか
これが禁則事項というものなのだな

あと迫られた時のエリオの動揺がとても良いなwww
急いで布団を巻いて突進
宇宙服の中から出てきたのはみごとな銀髪で・・・

まぁさすが宇宙人言うだけあるな
でも翌日自転車で望みの場所に連れて行ったとき
プールの中に不法侵入した後
真が感じたアレは何なのか?
不思議なんだけどまぁ気にしないでおくか
てかヤシロのフェンスを登る時の速さが
早くてびびったwwww


さて、リュウシさんの部活の大会も近づいていて
そっち方面ではどう動くのかしらなのよな
エリオがなんだか着いていきそうで
結局複雑な感じになりそうだけど・・・

line
line

line
スポンサードリンク
line
楽天
  
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。