上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line


神のみ


とりあえず小説を書かせるため図書館にカンヅメにしてしまい
二人っきりの桂馬と栞
関係性が確実に作家と担当の感じになって・・・

さて栞が聞いたその言葉は桂馬が言ったもの?
それとも栞の頭の中で桂馬をイメージした男が言ったもの?
実際に桂馬が声を発したのかそれとも・・・

しかし栞の再攻略は不思議ワールドが展開されるな
担当さんがいてもなかなか筆が進まない栞に
桂馬は少しの助言を・・・

まぁ栞が何を書きたいのかはアレだが
何を書くにしてもソレは栞が書いた栞の物語
彼女以外の人間の物語を書くことはまだまだ
とても難しくて・・・

あと、小説を書き始めたきっかけは
あの日あの時誰かがそこにいたような気がしてって
そういう理由だったはず
ようやくそこに戻ってこれそうかな・・・

しかし困ると宇宙戦争を起こしたくなるって
栞さん意外と・・・なんかすごいなwww

スポンサーサイト
line
line

line
スポンサードリンク
line
楽天
  
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。