スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

伝説の勇者の伝説第6話 「暗がりに潜む者」

伝説の勇者の伝説第6話 「暗がりに潜む者」


前回大臣たちにネルファ公国への訪問を進言されたシオン
どっから見てもトラップだと思うのだが
家臣たちの意見を聞きながらも
怪しげな新入りと二人で訪問する事に・・・

でもネルファ公国って・・・今ライナたちが居るところだよな?
もしかしてそっちに会うのも目的の一つか?

そして難なくネルファ公国に唐突に訪問して
ネルファ公国内での反対勢力を見極める事に・・・
うん、確かに民衆の受けはよろしく無い奴だな
だけどこいつが王になって暴虐の限りを尽くしたところを
圧倒的な力でねじ伏せれば簡単に
ローランドの属国の出来上がり・・・と考えると
利用価値はあるのかも?

謁見がすんだら王はふらりと外に出て行って
ちゃっかりとトアレのところで朝ごはんwww
で、相変わらずの夫婦漫才で息もぴったりで
まさかの親戚と言う設定だったとは
一瞬こっちも騙されかけた・・・

しかし反国王派の頭がネルファの皇子たぁね・・・
そして貴族とかも後ろに居て結構めんどくさそう
なのにそんなに殺しまくって問題ないのかな?
しかも暗殺者の手はトアレにも伸びてきて・・・


はぁ・・・こいつら
上のヤツが誰かわからないのは幸いだろうな
知ったらしったでめんどくさそうだ
だけど勇者の遺物って・・・何でもありだな








スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
スポンサードリンク
line
楽天
  
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。