スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

伝説の勇者の伝説最終話 「遠い日の約束」

伝説の勇者の伝説最終話 「遠い日の約束」

堕ちた黒い勇者と
馬鹿で寂しがりの悪魔

この伝承の雰囲気では
αというのはまた別の存在のような
そんな感じかな・・・?

全ての式は解く者と編む者に分かれて
編むものは勇者と共に
解く者は勇者のために・・・
そして勇者はどうする?


シオンは選んだ、ライナを殺すという事を
しかし手段は選ばない・・・どころか
テストプレイのつもりなのかもしれないな・・・
その生体兵器の性能を確かめるための

だけどどういう仕組みなんだろう
一度傷ついたところが自動で修復したし
破壊するには金属的なあの部分を
どうにかするしかないのだろうか??

だけど溶けたりくっついたりして、溶けた部分は
酸性の何かっぽい感じになったりして・・・厄介さは格段だな
禁断の術を使用して作られた兵器
そこらへんの魔導兵よりはましだな
素体が重犯罪者であって欲しいところ

まぁ隠匿されて一般人が知らないと言う事も大いにありえるが
軍人は知っているはずだし・・・
まぁ犯罪者を懲役で養うよりは役に立ちそうではあるが・・・



おそらくシオンの中には黒い勇者が、
ルシルの中には編む者が、
ライナの中には解く者ともう一つ別の何かが・・・
それぞれ入っているような雰囲気だけど

アニメだけではシオンのほうの変化がわからないから
別の視点の話が欲しいかも?


シオンは一つの道を選んで
それをみて、ライナはまた別の道を選ぶ
その先にあるものは・・・

闇と絶望しかない世界かそれとも・・・
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
スポンサードリンク
line
楽天
  
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。