スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

フラクタル 第9話「追いつめられて」

フラクタル 第9話「追いつめられて」


前回容赦なく爆撃をされて
結構ギリギリなところだったクレインたち
それでもまぁ抜け道から無事脱出することは出来て
一応一段落

でもあの気持ちの悪いおっさんも生きていたようで
てか即死とか発見が遅れて死亡とかならない限り
システムの加護で治療されて死ぬなんて事はなさそうだけど
そうなると結構厄介かも・・・

しかし司祭さまもみんなあそこの施設から出た人間だとすると
鍵というのはわかっていてもその鍵の使用方法には
まだわかっていないようなそんな気がする
でなければこんな状況のままって訳はないだろうし・・・
それともネッサを目覚めさせる人間がいなかったのか?
なんとなくしっくりこないんだよな

だけど始まりの少女の精神と身体を分けて
永遠に存在させ、崩壊の危機が迫った時に
鍵を使用してさらにシステムを稼動させるという仕組み
永遠というものはなく必ず生じてしまう欠損を
ソレを補うエネルギーとして人間を使う・・・

最近の流行かな?人間の意識であり精神、魂と呼ばれるものを
莫大なエネルギーに変換して世界規模で改革をするというのは
しかしどれもこれもまともとは思いにくく出来ているもんだな
でも考え方としては近いものがあちらこちらに・・・
「灼眼のシャナ」の存在の力、「アスラクライン」の動力機関
「まどか☆マギカ」のチカラの考え方
どれも人間の感情や意志そのものをエネルギーとして使用する
さて、こんな考え方が多く出てきていることには
一体なにか理由があるのか、ないのか・・・

しかしとうとうラストスパート
僧院との全面戦争になりつつあるなか
最後の最後でまたフリュネは・・・
ソレに対してのクレインの選択は・・・

さて、選んだ結果はどうなることやら・・・ね

スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
スポンサードリンク
line
楽天
  
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。