スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

とある魔術の禁書目録II 20「猟犬部隊(ハウンドドッグ)」

とある魔術の禁書目録II 20「猟犬部隊(ハウンドドッグ)」



どうにか隙を突いてラストオーダーを敵の手から逃して
ようやく安心できると思った矢先にまさかの余計な奴がやってきて
一番びびったのはアクセラレータだろうな

一方不穏な空気に首を傾げつつも
雨に濡れたにしては以上にびしょ濡れになったラストオーダーの
言葉を聞いて事件にかかわる決意をして・・・

アクセラレータはとりあえずインデックスを助けるために
車を奪って逃走・・・拳銃では埒が明かないと感じた木原さんは
まさかのロケットランチャー的な代物を持ち出すけれど・・・

てか良くそんなもの持ち歩いてるなオイwww
でもその間にまぁタイミングよく黄色の女が現れて・・・
直撃するもすぐに・・・

しかし神の右席にして“前方のヴェント”は
木原数多が術式に対象にならなかったのが
少し意外だったみたいだな・・・
どうやらヴェントの術式には“敵意”というものが重要みたいだけど


そしてアクセラレータは昼の住人を安全なところに逃がし
自らは闇の中へ・・・



ところで猟犬部隊の嗅覚センサーって車で移動してても
におい残るもんなのかね・・?
まぁ匂いが消えるというのは匂いが上書きされてまぎれるだけで
実際に消えるということはそうそうないとのことだけど・・・

さて、本命と戦うために周囲の状況を利用しつつ敵を撃破していくアクセラレータ
むしろ時間制限がある分能力に頼りきりにならずに戦闘できるようになって
とても頼もしい感じwww

しかし最後の敵を殲滅する際に名前を叫ばれて足がついてしまい・・・
このせいで・・・一方通行は光を、昼の世界を守るために
決定的で戻れない闇の中に足を進めることになってしまうのだな



一方上条当麻はラストオーダーと共に現場に戻るけれど
そこには残骸だけが残されていて・・・だけど
ラストオーダーの分析はさすがだなwww
こんなもんではすまない、か・・・

そしてのこのこと戻ってきてしまったがために
捕縛されて・・・てかやつらには嗅覚センサー装備だし
意外と何処逃げても追いかけられるんじゃ・・・何てこと考えちゃったり

そして逃亡するけれど素人がプロ複数相手に荷物つきで逃げ切れるわけもなしに
追い詰められたところをさらに“不幸”が襲い掛かる

ラストオーダーを逃がして敵と戦うけれど
本格的にぶつかり始めたところでヴェントの調子が・・・?




さてさて、アニメという短い時間の中で主人公が二人以上というは
少し不安だったんだけど原作しているせいかもしれないが
結構満足いく迫力になってきた感じwww
とりあえず次回次々回の演出が超期待

ただ、アニメオンリーの人にはこの状態はもしかしたらちとつらいかもなんだよね
どっちかを大切にしたらどっちかが不満を抱く・・・
それはしょうがないことなのかな・・・

スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
スポンサードリンク
line
楽天
  
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。