スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ダンタリアンの書架 第2話 「胎児の書」

ダンタリアンの書架 第2話 「胎児の書」

今回はどこかの金持ちのお屋敷に
書籍の鑑定をしにやってきている様子

しかしこの時代の貴族の娘って言うのは
どの世界でも浮世離れしてるというか
ぽわぁっとしてるよな・・・

そしてダリアンは相変わらず本と食べものにしか
興味を持たない振りをしてて・・・
なんだかんだ言いつつもヒューイを気にしているのが
なんとも・・・ねwwww


今回読んだ幻書は前回と違って宗教色の強い内容だったな
ケイロンはたしかギリシア神話だし・・・
しかし「神の雷」の記述は結構あちこちにあるらしいからな
背景の絵はエジプトに近い感じだけどそのあたりか

記された年代にもよるのかな・・・
前回のパラケルススは錬金術師であり科学者だし
今回の二つと比べるとだいぶ新しい


でも幼少時の教育で殺人衝動を持つ人間を・・・か
疑問を持たずに受け入れたモノの末路、かな
そうして狂気は受け継がれていく
その身が、その血筋が死に絶えるまで・・・
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
スポンサードリンク
line
楽天
  
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。