スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ダンタリアンの書架 第3話 「叡智の書」「月下美人」

ダンタリアンの書架 第3話 「叡智の書」

とうとうカミラが出てきたんだけど・・・
初登場のときはあまり奇抜な格好してなくて
想像してたよりもハイテンションでもなくて
ちょっと意外に思ったり

でもなんだか全体的にカミラのインパクトは
薄いような気がするんだけど気のせいかのう?
今回は危ないことになる幻書でもなく
ちょっとした箸休めみたいなものかも


「月下美人」

後半は別の話
時間軸としては大して変わってはいないけど
夜に商会の人間がやってくるなんて
常識的に考えてまともな商会ではないよな・・・

てか日本みたいに治安がいいわけでもないし
夜の客とか怪しいものしかない気がする
こういう時代の夜に働く仕事は
泥棒と水商売しかないと思っているんだが偏見・・・ではないよな

しかし高額で本を取り寄せたことがわかっているんなら
本が大量にあるってことも想像がつかないか・・・?
データの中で一番高額なのが「夜の女王」なだけで
ほかにも高い本はいっぱいあったはずだし
やはりサルとブタにそこまでの知恵を求めるのは酷か

だけど・・・ほかのものは全て本でも
そのとき購入したものは本ではなくて・・・


とりあえず今回は息抜きとカミラの顔見せの回だったのかな
次は幻書の朗読がある回だからどんなになるか今から楽しみだ
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
スポンサードリンク
line
楽天
  
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。