上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ハヤテ

しかしアイドルの一日というのはハード
・・・なはずなのに借金執事の日常が
非日常な忙しさでハードに見えないやwww

しかも女装してお料理作って
さらにお食事宅配サービスで・・・
ちっ・・・結局ナギたちのところに引越しはなかったか
だがきっと時間の問題だ
私はそう信じている

そしてそんな格好してても好感度はしっかりと
抜かりなく上げていくハヤテくん

一方面白い漫画という物を学術的な見方から
強力に支える方向性で動き始めたヒナギク
これはなんか本格的にとんでもない事になりそうな予感

向上心も強いしプライドはあっても自分の非は認める
その精神はナギよりも・・・
これはマジで凄くなりそうなんだ・・・けど

とうとう借金執事の不幸が溜まったツケを返してもらうべく
強制イベントを発生させて・・・
さぁ、コレに対してどう反応するかなwww
そしてどんな対応の仕方をするのか
といってもなんか意外と寛容というか
なんか受け入れそうなそんな気もするんだけどね

line

ハヤテ

大変な状況でできることを精一杯頑張って
そしてさらに自分の夢を追い求めて生きる
そんな生き方には応援したくなるもので・・・
それもヒナさんの性格や今までのを考えればね

そして知らない一般人からの辛辣かつ的確な
忠告を受けて・・・
まぁ何も知らないとは言っても
むしろその分変な見方の無い率直で間違いの無い意見が
もらえるともいえるし・・・

大分その忠告は有益なものになりそうだ
しかもヒナさんはヒナさんで全面協力を決めて・・・
公正にして勝利の女神がついたルカには
希望が見えそうだ・・・なんせスペックが違うし
ルカにはハヤテ規模の不幸の神は憑いてないだろうしな



むしろ初対面に近い上に世界についてもあまり知らない
人間からのコメントのほうが勉強になりそうだ
ナギの場合はまぁ・・・マリアもハヤテもお茶を濁すし
率直に言ってもちょっと不安だし
伊澄さんはなぜか理解で来ちゃうしwwww

とりあえず千桜さんだけが頼りみたいなもんだな
ナギのチームは・・・
方向性が暴走してるから千桜さんひとりじゃ制御できないだろうしな
line


ハヤテ

今回はちょっとびっくり
劇場化するのは知ってたけれどまさかの
ネギま!と同時上映・・・
しかもネギま!のほうの劇場の監督さんがまさかの・・・
まさかのまさかの新房さんで心を揺さぶられたのですが


一方ヒナさんにとんでもない事言い出したハヤテ君
ほんとにとんでもない事いうよな・・・
服貸してください・・・うん、もうつっこまないz
は!?制服・・・!?今着てる・・・?
なんちゅうこと言うヤツ・・・そんな事
深く考えずにいえるとは何と恐ろしい子

しかしヒナさんも動転してるよね?
ハヤテ君の目の前で普通に脱ぎながら会話してるって
大分レベル高いぞ・・・何なんだこいつら

でもその後夜とかに思い返して真っ赤になってドキドキしてるとか
そんなシチュあればいいな・・・
まぁそんな事いってないで自分で描ければ一番良いんだけど
コマ漫画でなくても良いから誰か描いてくれなイカ?


でもまぁなんとか服を調達して
再び会うことに・・・
ていうか深く考えすぎてドツボにはまってるよな
絶対最初のうちに言っておけば
雇い主の意向とかお願いとかそんな話で済むだろうに
後になればなるほど女装の経歴は深まり
そして服の調達先は・・・?
ってなるわけで・・・

なんだか気づかずにいろいろと借金してってる気がするwww
さて、その借金の返済には一体どんな代償が
支払われるのか

そしてヒナさんの漫画を見ての感想は・・・?
line

ハヤテ

後どのくらいで期日なのかが結構気になるんだけど
とりあえずなんとか・・・なり・・・そうなのか?
なんだかだんだん方向性がまた怪しい感じに・・・

てかハヤテの女装から得たインスピレーションは
どこに使われるのかもう想像が出来ない・・・
ナギは力はあっても方向性が無いから詰め込みすぎるって
そんな感じがするんだよね
思いついたものを全て放り込んでいくような

仮想の理想世界ではとてもきれいな一色か二色
もしくは色の場所が区切られてステンドガラスのように
なっているのが好まれるのに
混ぜすぎなんだろうと思う
色は混ぜたら綺麗にはならないのに・・・

それに気づいて欲しいんだけど
いつになるのやら


一方ようやく事情の説明をきっちり果たしたハヤテ
どう考えても誤解しか受けない説明ありがとうwww
しかも次には説明する!って言っていながら
メールを見たとたんに服を貸してくれとwwww
さてさて服屋にでも行く事になったのかしら?
それとも・・・?
line


ハヤテ

逃げてゆく大金を追いかけて
持ち去った犬は見つけたけれど中身は空っぽ
犬の言葉はわかるわけも・・・わかるわけ・・・
あぁ・・・人の言葉を理解する動物がいましたな

そして犬と虎との会話
うむ・・・虎のくせに人間に飼われているのは
他から見れば牙を抜かれた情けない動物にも
見えなくは無いか・・・
かたや飼われていながら絶対に犬のほうが上位だしな
てか犬に飼われてても疑問には思うまい

けんか腰になりながらも情報を聞き出して
ワタル君に報告
報告を受けて考えて・・・
自分に出来る事を

てかもしかして強烈な瘴気はなくても不幸属性は付加されているのか?
と思いたくもなるのだけど・・・
しかし想像通りだったのか・・・咲夜の何とも失礼だけど
事実過ぎて何ともいえないあたりがwwww
そして伊澄さんという援軍が来て
相変わらず気持ち的にはすれ違っているけれど
でも大きく動いて・・・


二巻の頃と比べると大分大人になったな、ワタルは
その絆の石を片手に己の道を進もうとするというのは
なんだかいいのう

さてこれからワタルはどうするかな・・・

line
line

line
スポンサードリンク
line
楽天
  
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。