上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
今期の新アニメはどっかの知事に
けんかを売るつもりなのか戦争しかけるつもりなのか
ロリとエロのオンパレードな雰囲気で
食わず嫌いすると本当に見る物がなくなりそうだったので
いつもは見ない雰囲気だけど
PVで興味を持ったから見てみた




とりあえず
ストーリーメインな感じだったから
まぁ合格だけど・・・
一話ではなんともいえないかな?
若干“灼眼のシャナ”のようなおいてきぼり感と
“おおかみさん”のようなほのぼのな学校の雰囲気
あとは独特な背景の絵のタッチが印象的

とりあえず見る人を選ぶような気がするアニメだと思う
まぁ多くのアニメを楽しむためには世界を受け入れる
広い心が大切だとおもうからもう少し見てみる

各話の感想を書くかどうかは未定ですが・・・







そういえばどっかのアニメ雑誌に
書いてあったような気がするのですが
東方同人の曲を良くつくっているIOSYSさんが
このアニメの歌を一部作るとか何とか・・・・

theme : 夢喰いメリー
genre : アニメ・コミック

line
伝説の勇者の伝説第21話 「ローランドの闇」


逃げない事を決めて戻ってきたライナ
シオンの元に来てみると相変わらずの仕事中毒っぷり
というか段ボールに置き換えてみると引越し中みたいな
そんな風に見えるぐらいの書類の束

いくらなんでも一人で何とかなるもんではないかと
思うのですがねwww
まぁそんなところに来たもんだから
巻き込まれるのは当然の事であって

仕事をしていつつも平和な時間
しかしシオンに対して王である事を気にせずに
人として接するのはもうライナとフェリスくらいなのだな
それ以外は王としてみてしかいない

となるとフロワードが散々コロセコロセといっているのは
その辺りも含まれているのだろうか?

しかしシオンの様子は・・・すこしおかしい?
何かと戦っているような?
そんな様子で
ライナもそれには気がついた様子だけれども
これはライナの中に“全ての式を解くもの”が眠っているように
中に何か別の物が入り込んでいるのだろうか?

一方城の外に出たライナは夢の中に出てきた男と同じ声の人間
会って・・・!?

彼はライナのことを知っているようだけど
EDのところにはリューラ・リュートルーと
名前があって・・・?
一体どういう事でしょうかね
次回になれば少しはわかるかな?
line
とある魔術の禁書目録II 08「大覇星祭」

 

とうとう始まった大覇星祭
さすがに完全な背景扱いのところに
見覚えのあるキャラが・・・
なんて原作派の一部しか気がつかない
コアなネタは使われてないようで
すこし残念ではあるけれど
まぁ仕方ないか・・・

しかし土御門舞華のやつは
相変わらず器用だよな・・・
と言うかコレ、改造して
自分好みにカスタマイズされてるんじゃないかと
すこし疑いたくなるような?


でも上条刀夜さんはさすが上条当麻の父親なだけあるな
見事なエンカウントスキルをお持ちで
更に無自覚にそういう感じになる辺りもさすが

だけどそんな事とは気がつかずに
子供らが結構なおおきさで話しておりまして
あらあら~wwwコレは誤解されるFLAGかも・・・



しかし上条さんちの高校は驚きの倦怠感に包まれていて
さすがバカばっかなだけはあるかもwww
だけどバカという事は単純とも言い換えられるんだよねwww
よりにもよってクラス全体にとっての起爆剤をしっかりと
つついていったおかげで・・・
御坂の勘違いがより一層酷くなりましたとさwwww

だけどインデックスもご愁傷様かも
なんだかこういう役ばかりなきがしてきた
というかこの後御坂とエンカウントして
そこでもトラぶったような気がするんだけど
それはアニメではなくなった感じかな?
まぁむしろアニメで酷くなっているけれど
コレはもはやラッキースケベなレベルではないのではwww

そんなある意味平和な日常のなかに
赤髪黒尽くめな神父とか非日常とエンカウントしてしまい
さらには握手しただけなのに
なぜかナニかを打ち消した感じがしたりして・・・?



line
伝説の勇者の伝説第20話 「絶望に埋め尽くされない心」


国外に逃亡したライナ・リュート
それを抹殺しようとするルークが
とうとうライナの前に現れて・・・

フロワードがどうなったのか気になったのだけど
力で動かそうとしたのは失敗したようだが
言葉で上手く思い通りに・・・
ミランの思い通りに動いてしまったようだな

しかし、主戦力とも思える一人が別の敵との戦闘に向かい
もう一方のほうも動き始めて・・・

ライナのほうは・・・そろそろ限界か
このリアルにすごす事は・・・
そして何度目かの絶望に身をゆだねようとした時
ぎりぎりのところで救いが来る
苦しい救いと優しい諦め
どちらのほうが幸せ・・・なんだろうかね

だけどもう一方のほうが騒ぎを起こして
一時停戦協定?
しかし間に合わず被害は増えるばかり・・・
やはり勇者の遺物(ルール・フラグメ)と魔眼の
相性は最悪なようで、誰も手が出せず・・・

ライナとフィリスのおかげ食い止められたけれど
本当に被害はでかいな

しかしこのスパイの言っていた事・・・
“全ての式を解く者”“勇者は未完成”
最初ライナを見て何者だ?と聞いているのに
その後にはよくわからない事を口走っていて
一体何の事だろう・・・

前にキファが言っていた
“寂しがりの悪魔”“狂った勇者”“女神”
と何か関係があるのだろうか・・・
そしてルシルも・・・
“世界の歯車”“私の勇者”
いままで王は国の歯車
いくらでも替えが効く・・・
そんな事を言っていたけれど
いつの間にかにシオンは“世界”の歯車に・・・?
そして
きみと同じ・・・


いつかこの言葉の意味が明かされる日は来るのかな?




line
伝説の勇者の伝説第19話 「失踪の真相」


複写眼の保持者を仲間としていることが
国の者たちにばれてしまい・・・
一応マトモな事を言うけれど
結構辛そう・・・
そんな事があってアルアたちはどうするのでしょうかね

結局みんな孤独なのだと思う
貴族たちはどんな形であれ
シオンに頼り縋り利用する
仲間たちも仲間であってもシオンを王として扱うし
フィリスは他人との関わり自体が
そんなに経験していないし・・・
ライナはその目の力でお互いがお互いを傷つけあう

その中からライナは誘われ抜け出し
外を眺めてみる事に・・・

しかしアニメではクラウはシオンにアルファ・スティグマ保持者の
知り合いが居るという事を知らなかったのだな・・・
原作では知っているような感じの会話があったのだが

神の目の保持者は人間の上位固体
下等な人間とは違う・・・
たしかに見方としては間違いとは言い切れないが
世界は優れているモノが勝つのではない
数が多いモノが勝つ・・・そういうふうにできちまってるんですよ
この世界ってやつは・・・

そんな世界を見ているティーアの考え方は
何となくフロワードの考え方に近いかも
邪魔なもの・・・自分たちを化物と呼ぶ下等な生物たちを
一掃してしまえば神の目をもつ自分たちにとっての理想の世界が出来る
そんな考え方・・・

しかしそんだけ魔眼、神の目の保持者を集めて
見つからないわけが無いだろう・・・と思ったら
やはり襲撃されていたのか・・・

しかしエブラクリプトか・・・
新しいタイプの魔眼が出てきて
意味深な事を・・・


だけど落ち着くような時間は無く・・・
てめぇが仕組んで上手く動かしたのに
命令においてあなたを始末します・・・か
フロワードとの取引かそれとも意見を聞いたうえでの判断か

前回の雰囲気ではルークのほうが優勢だと思ったから
情報を仕入れた上での決断なのかな?


line
line

line
スポンサードリンク
line
楽天
  
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。